芸能人に依頼しよう|イベントの盛り上げ役にベスト

最新記事一覧

受かるための写し方

フィルム

撮影環境に配慮する

芸能人になるためにはプロダクションや配役募集のオーディションに受かる必要があります。オーディションに進むためにはまず書類を応募することになりますが、その時欠かせないのが写真です。写真うつりで他の応募者に差をつけたい場合、女性であればメイクに力を入れたくなるでしょう。しかしタレントのオーディションは素材の良さを観られることになりますので、ナチュラルメイクの方が好まれます。同じ理由から髪形を凝ったものにしたりCGでレタッチしたりすることはやめましょう。書類審査に受かって対面のオーディションに進んだ場合、素のままの自分を見せることになりますからあまりギャップがあるとリスキーです。また表情も自然な笑顔を作ります。オーディションのための写真は顔のアップだけでなく全身像も写します。芸能人は体形も重視される仕事ですから、撮影する際は身体のラインが隠れないような服を着ましょう。自分で写真を撮影する際は、まず背景を綺麗にしましょう。自宅を使う際はできるだけ白一色の背景になる場所を選びます。こうした配慮はフォーマルな写真をうつす上で守りたいマナーですし、何より人物の写真映えが良くなります。一人で撮影をする際は簡易レフ版を用意すると良いでしょう。足下に鏡を設置すれば顔を照らす照明ができるため、写りが良くなります。オーディション用の写真はフォトスタジオで撮影してもらうこともできますので、自宅に機材がない場合は足を運んでみましょう。