芸能人に依頼しよう|イベントの盛り上げ役にベスト

最新記事一覧

ステージ

まずは書類選考で残ること

芸能界は常に新しいタイプのスターを、求めているので常に多様なオーディションが行われています。まずは書類選考で人数を絞ってくるので、審査員に良い印象を与える写真を用意することが重要です。被写体がリラックスできるというメリットがあるので素人写真も良いですが、画質のクオリティを考えるとプロがおすすめです。

オーディション

正しく参加をするために

オーディションに参加する場合に注意しなければいけないのは、募集している人間の条件が自分に当てはまっているかどうかをしっかりと確認することです。特に年齢について条件がある場合には、細かい条件を正確に把握しておく必要があります。

女の人

タレントを呼ぶには

芸能人に依頼するときは事務所やSNSのほか知り合いを通じて交渉することもできますが、それ以外にもキャスティングサイトを通じて利用することも可能です。これならサイト側が交渉を請け負ってくれるので、忙しい方でも簡単に芸能人に依頼ができます。

フィルム

受かるための写し方

芸能人になるためにはオーディションに応募しますが、その前に書類審査に受かる必要があります。書類のために写真を撮影する場合、素のままの自分の魅力が分かるように過度なメイクや派手な髪型は避けましょう。また自宅で写すうつりが良くなるように背景や照明に注目します。

女性

芸能で活躍するために

芸能関係で活躍したい人は、芸能関係のオーディションの募集に応募する流れになりますが、合格するためには高い技術力が必要です。そこで、自分が目指す分野の技術力をレッスンなどを受けて高いレベルにまで到達する事が必要であり、努力する事が必要不可欠です。

イベントに有名人を呼ぶ

フィルム

どうやって呼べばいいのか

学生団体や企業などがイベントを実施する際、芸能人を呼びたい場合、どのように依頼をすればいいか知っている人はそれほど多くないでしょう。イベントへの出演依頼をするなら、芸能人が所属している事務所に連絡をするといった方法があります。事務所のホームページに問い合わせページがあるはずなので、そこからアプローチするのです。事務所によっては、イベント等の主演依頼専用の問い合わせ窓口が設けられている場合もあります。芸能人個人のブログに、出演依頼の窓口が設置されていることもあるでしょう。人気の芸能人の場合、頻繁に連絡がくるため、担当者が必ずメールに目を通しているとは限りません。メールで概要を送った上、電話でも問い合わせをするといいでしょう。SNSが一般的になった今では、芸能人の公式SNSに出演依頼のメッセージを送るという方法もあります。もしメールを送って断られても、SNS経由で芸能人自身がイベントに興味を持ち、参加を決めてくれることもあり得ます。ただし、SNSは気軽に利用できる分、知らない人からのメッセージに不信感を抱く人もいるものです。場合によっては、メッセージを送っても返事がないこともあります。芸能人への出演依頼を、利用者に代わり請け負っている会社もあります。こういった会社を利用すれば、誰も芸能人を呼ぶことができないということはことはないでしょう。誰を呼べばいいかわからないという場合も、イベントの概要を伝えることで、ぴったりな人に依頼をしてくれるはずです。